エントランス展示「生物多様性の日関連展示」(2015年05月20日)

 県立図書館と県環境部自然保護・緑化推進課は、5月22日の「生物多様性の日」を記念し、読み聞かせ会、沖縄の生物の写真展示及び「生物多様性」「沖縄の生き物」等図書の展示・貸出を行います。

1.名称:「写真と本で学ぼう!沖縄の生物多様性!」

2.開催期間、場所:
(1)生物多様性の日関連読み聞かせ会 
日時:5月21日(木曜日)10:30〜10:45、場所:県立図書館子ども室内
読み手:県立図書館子ども室担当者
対象:保育園児、一般親子
(2)生物多様性関連写真パネル、図書展示
日時:5月20日(水曜日)〜6月1日(月曜日)、場所:県立図書館エントランス

3.展示内容:
(1)写真パネル展示
・生物多様性概要説明(「生物多様性とは」「なぜ生物多様性を保全する必要があるの?」など)
・沖縄の生物多様性写真パネル 9枚(写真69枚)
(カクレクマノミ、ヒルギ、サギ、カンザシヤドカリ、キノボリトカゲ、ウミシダ、イシカワガエル、イシガケチョウ、コノハチョウ、ミノカサゴ、ボチョウジ、ノボタン、ツワブキ、ムラサキシキブ、アカメガシワ、サンニン、ハマオモト、リュウキュウエビネ、キクラゲ、ボラ、コモウセンゴケ、アオミオカタニシ、ミナミコメツキガニ、ウミウシなど)
(2)図書展示
・「生物多様性の本箱〜みんなが生きものとつながる100冊〜」(国際生物多様性の10年日本委員会推薦) 約200冊(展示用・貸出用)
・沖縄の自然・生物関係図書 約100冊(貸出用)
(3)剥製の展示
・マングース(生物多様性を破壊する外来種)
・キジバト(ハト目ハト科の鳥、キジバトの亜種で奄美諸島、琉球諸島に分布)
・ノグチゲラ(「ヤンバルの森」だけに生息する、キツツキの仲間。1970年には沖縄県の鳥に、1977年には国の特別天然記念物に指定)

4.関連リンク
県環境部自然保護・緑化推進課
「生物多様性」(環境省)
国際生物多様性の10年日本委員会