図書展示「語り継ごう沖縄の文化【琉歌編】〜吉屋チルーと恩納ナビー〜」(2017年1月5日)

 沖縄では昔から8・8・8・6音の形式で歌が作られていました。その歌を「琉歌」といいます。「かぎやで風」や「てぃんさぐの花」などの歌詞も琉歌なので、耳にしたこともある方も多いのではないでしょうか。
 今回の展示では、琉歌のご紹介として、対照的な作風をもつ女流歌人、恩納ナビーと吉屋チルーの歌をとりあげてみました。どうぞご鑑賞ください。

1. 展示期間:1月5日(木曜日)〜1月16日(月曜日)
2. 場所:1階展示コーナー(新刊コーナー隣)

 ※ 展示図書リストはこちらから(貸出・予約できます)