企画展示 「ハワイ沖縄捕虜と沖縄県系移民」(平成29年10月18日)

10月30日の「世界のウチナーンチュの日」を記念し、企画展示「ハワイ沖縄捕虜と沖縄県系移民」を開催いたします。

1.展示名:世界のウチナーンチュの日記念企画展示「ハワイ沖縄捕虜と沖縄県系移民」

2.展示概要:
1945年6月頃から1年半あまりの間、沖縄からハワイに送られたハワイ沖縄捕虜(Prisoner of War)、また現地ハワイで亡くなった県人について、近年まであまり知られていませんでした。
今回の展示は、2017年6月にハワイ捕虜沖縄出身戦没者慰霊祭の報告書『平和への道しるべーハワイ沖縄捕虜の体験記ー』を基に、ハワイ沖縄捕虜の歴史と証言、戦前にハワイへ移民した県人たちとの交流や支援の様子などを紹介しています。
 
3.展示期間:平成 29 年 10月 18 日(水)〜10 月 30 日(月)

4.展示場所:県立図書館1 階エントランス エレベーター前

5.主な展示資料
・「里帰り」三線(嘉数 進氏所蔵)
・「死亡証明書発行申請書」「渡口氏とピーター伊波氏の書簡」(渡口彦信氏 所蔵)

6.関連イベント
ハワイ沖縄捕虜体験者証言トーク」(PDFファイル 371kb)
内容:元・ハワイ沖縄捕虜(POW)の方々をお招きし、「移送船」「収容所での生活」「県系人との交流」などをテーマに、その当時の様子や想いに耳を傾けます。
日時:平成29年10月29日(日)10:30〜12:00
場所:県立図書館 3階ホール
※申込不要

7.展示図書リスト(ハワイ沖縄捕虜証言を含む資料など) 42冊(PDFファイル 151kb)




10月18日オープニングセレモニーの様子


除幕式(左から、県立図書館長 新垣忠、元・捕虜代表 渡口彦信氏、
沖縄ハワイ協会長 高山朝光氏、県交流推進課長 川上睦子氏) 


フラダンス(ハーラウ フラ オ ケアラオナープアさま)


ハワイPW節(唄三線 松田昌次氏、笛 知念久光氏)