家近 亮子/編著 -- 晃洋書房 -- 2007.5 -- 319.102

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態 デジタル書庫リンク
県立 4F一般閲覧 /319.102/KI54/ 1004516801 一般図書 可能 利用可

資料詳細

タイトル 岐路に立つ日中関係
副書名 過去との対話・未来への模索
著者 家近 亮子 /編著, 松田 康博 /編著, 段 瑞聡 /編著  
出版者 晃洋書房
出版年 2007.5
ページ数 318p
大きさ 21cm
一般件名 日本-対外関係-中国
NDC分類(9版) 319.102
内容紹介 日中関係はなお、「友」か地域覇権を争う「敵」か選択の岐路に立っている。各分野から近代史の「過去との対話」「未来への模索」を詳細かつ冷静に分析し、日中関係の精確な理解に不可欠な視座を提供する。
ISBN 4-7710-1859-4
定価 ¥3200