松本 千代栄/[著] -- 明治図書出版 -- 2008.1 -- 769.04

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態 デジタル書庫リンク
自動書庫 ★自動書庫 /769.04/MA81/3 1004630479 一般図書 可能 利用可

資料詳細

タイトル 松本千代栄撰集 3
巻の書名 人間発達と舞踊創作
著者 松本 千代栄 /[著], 舞踊文化と教育研究の会 /編  
出版者 明治図書出版
出版年 2008.1
ページ数 429p
大きさ 26cm
一般件名 舞踊 , 体育ダンス
NDC分類(9版) 769.04
ISBN 4-18-760816-7
定価 ¥6300

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
創作指導覚え書 14-17
創作指導覚え書・2 18-20
創作指導覚え書き・3 21-24
創作指導覚え書き・4 25-27
創作指導覚え書き・5 28-32
創作指導覚え書き・6 33-36
創作指導覚え書き・7・休題閑話 37-41
創作指導覚え書き・8 42-45
創作指導覚え書き・9 46-49
創作指導覚え書き・10 50-53
創作指導覚え書き・11 54-56
中・高校ダンスの基礎運動・1 57-63
中・高校ダンスの基礎運動・2 64-67
中・高校ダンスの基礎運動・3 68-70
中学校におけるダンスの役割 71-74
ダンスについて 75-79
グループ表現による技能の問題 80-83
学習過程に応じる指導・1 84-88
学習過程に応じる指導・2 89-91
ダンスに関する十二考 92-100
ダンスにおける基礎技能とその扱い方 101-104
舞踊創作(高校) 105-109
舞踊創作の手順 110-112
創作指導 113-115
ダンスの技術構造 116-119
ダンスの指導法資料・その1 120-124
ダンスの指導法資料・その2 125-129
舞踊教育の現状と問題点 130-137
発想のトレイニング 138-142
創作学習と動きの構造化 143-147
初心者の指導方法・指導形態 148-153
舞踊表現の構造と要素化 154-157
舞踊表現の構造と鑑賞 158-161
「舞踊課題」と創作学習 162-165
ダンス表現の学習内容をどう設定するか 166-169
ダンスの学習指導 170-174
舞踊課題と課題解決学習 175-179
創作学習モデル・2・イメージ課題と学習 180-183
こうすれば「表現運動」「ダンス」の授業がよくなる 184-188
「ダンス」の授業をかえる・その1 189-197
対談「ダンス」の授業をかえる・その2 198-203
舞踊の技術論 204-207
発達段階に応じた表現学習 208-210
課題学習の発展 211-215
発達段階と課題学習 216-219
「指導言語」ノート 220-221
ひと流れの動き 222-225
楽しく本質的“課題化”を 226-229
「生きた課題」への学習法・1 230-233
「生きた課題」への学習法・2 234-237
運動の質と感情価 238-243
おどり・つくり・みる 244-249
課題化のしかた 250-254
動きとイメージ 255-258
作品を創る・観る 259-263
課題化とその指導 264-267
課題の選択・提示のポイント 268-271
運動の質と感情価セブン・モーティブズとは・続1 272-275
運動の質と感情価セブン・モーティブズとは・続2 276-279
教師のための表現指導Q&A 280-281
運動の質と感情価・続・美的形成と評定用語・1 282-285
運動の質と感情価・続・美的形成と評定用語・2 286-290
身体をひらき心をひらく・1・はじめに 291-292
身体をひらき心をひらく・2・大きく-小さく 293-294
身体をひらき心をひらく・3・すばやく-ゆっくり 295-296
身体をひらき心をひらく・4・強く-弱く 297-298
身体をひらき心をひらく・5・感じとる-迸り出る 299-300
身体をひらき心をひらく・6・くりかえし-転換・展開する 301-302
身体をひらき心をひらく・7・開く-閉ざす 303-304
身体をひらき心をひらく・8・近づく-遠ざかる 305-306
身体をひらき心をひらく・9・安定-不安定 307-308
身体をひらき心をひらく・10・自由と-規範と 309-310
心とからだの教育-ダンス 311-312
ダンスの総合性 313-314
舞踊課題と創作学習モデル・その2・研究成果を実践の場に 315-317
魂の語彙 318-319
“はこび”の演習 320-321
いま,なぜ創作か 322-324
この歳月を顧みる 325-326
人間発達と表現・1・作品と鑑賞のメカニズム 327-328
人間発達と表現・2・動きの性質と感情語 329-330
人間発達と表現・3・動きとイメージの連合の範疇 331-332
問題解決学習とダンス 333-335
表現・文化・教育-ダンスとは何か- 336-337
研究会へのおさそい 340-369
松本試案「群-構成の課題例」 372
合宿メンバーに贈る松本メモ 373-376
課題学習の総括として 377
授業研合宿者におくる 378-379
創作学習モデル・3・その精粋と拡充 380-382
舞踊の美的形成 383-385
合宿復習編“これだけは…それから…” 386-387
「課題」に期待するもの 388-392
ダンス学習指導実践とその実証 393-398
「心とからだの教育」-ダンス 399-400
課題の多様化・カリキュラムの多様化 401-402
ダンス学習の総集 403-408
“表現運動から発信する”人間教育(FOSEプランにもとづいて) 409
表現課題の総集-実践成果と新課題への見とおし 410-413
授業研-これからのために 414-415
合宿復習編“これだけは…それから…” 416
映像研究 417-424