笠原 十九司/著 -- 岩波書店 -- 2010.5 -- 210.74

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態 デジタル書庫リンク
県立 4F一般閲覧 /210.74/KA71/ 1005533052 一般図書 可能 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 日本軍の治安戦
副書名 日中戦争の実相
叢書名 戦争の経験を問う
著者 笠原 十九司 /著  
出版者 岩波書店
出版年 2010.5
ページ数 272,17p
大きさ 20cm
一般件名 日中戦争(1937〜1945)
NDC分類(9版) 210.74
内容紹介 占領地の治安を「守る」と称して、日本軍は中国で何をしたのか。日本側・中国側双方の史料に基づいて、治安戦の発端から挫折に至る過程を丹念に辿り、その実相を浮き彫りにする。
ISBN 4-00-028373-1
ISBN13桁 978-4-00-028373-1
定価 ¥2800