広松 渉/著 -- 平凡社 -- 2010.9 -- 331.6

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態 デジタル書庫リンク
県立 4F文庫コーナー B/331.6/H71/ 1005925969 一般図書 可能 利用可

資料詳細

タイトル 資本論の哲学
叢書名 平凡社ライブラリー
叢書巻次 708
著者 広松 渉 /著  
出版者 平凡社
出版年 2010.9
ページ数 491p
大きさ 16cm
一般件名 資本論
NDC分類(9版) 331.6
内容紹介 「資本論」の価値論は、資本主義=搾取の体系をあばく根本をなす。マルクス以前の労働価値説を端的に乗り越えたその論理構成を解明する、「資本論」読解の白眉。
ISBN 4-582-76708-7
累積注記 勁草書房 1987年刊の再刊