村上 呂里/編 -- 溪水社 -- 2014.2 --

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 3 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態 デジタル書庫リンク
県立 郷土貸出 K/80/MU74/ 1007171265 郷土資料 可能 利用可
県立 5F郷土閲覧① K/80/MU74/ 1007171257 郷土資料 貸出禁止 利用可
県立 ★5F書庫1 K/80/MU74/ 1007320250 郷土資料 貸出禁止 利用可

資料詳細

タイトル 沖縄から考える「伝統的な言語文化」の学び論
著者 村上 呂里 /編, 萩野 敦子 /編, 大城 貞俊 /[ほか][著], 辻 雄二 /[著], 田場 裕規 /[著]  
出版者 溪水社
出版年 2014.2
ページ数 8,292p
大きさ 22cm
一般件名 国語科 , 琉球語
内容紹介 ことば(ウチナーグチ)、昔話、組踊、琉歌、オモロなど、沖縄の言語文化を学習材とした国語科授業の実践報告。「沖縄」を足場として、国際化時代にふさわしい「伝統的な言語文化」の学び論を提起する。
ISBN 4-86327-250-7

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
「伝統的な言語文化」の学び論 村上 呂里/著 3-38
「伝統的な言語文化」と地域 萩野 敦子/著 39-80
昔話の学びの創造 辻 雄二/著 81-110
国語科における沖縄古典芸能の教材化の視点と意義 田場 裕規/著 111-148
伝統と記憶の交差する場所 大城 貞俊/著 149-187
沖縄の「伝統的な言語文化」の教材化の歴史と学びの構想 村上 呂里/著 188-265
<根>から<普遍>への道を求めて 村上 呂里/著 266-278