コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

琉球・沖縄を知りたい

ホーム >  琉球・沖縄を知りたい >  移民資料 World Uchinchu Project >  移民資料 Okinawan Emigration Resources >  沖縄県系移民 渡航記録データベース 1900-1937

沖縄県系移民 渡航記録データベース 1900-1937

OPL_DBバナーJN.png

http://opl.okinawan-migration.com/

このデータベースは、世界のウチナーンチュ(沖縄県系人)等が自身のルーツを探したり、沖縄県民が海外移民した親戚の足跡を辿ることにより、 ウチナーネットワークの継承と発展を図ること目的とし、 沖縄県立図書館 , ハワイ沖縄系図研究会 , 沖縄移民研究センター が協働で開発しました。

1900年(明治33年)-1937年(昭和12年)の間に、沖縄県から海外へ渡った沖縄県系移民約5万件の渡航記録を、漢字及びローマ字で検索することができます。

渡航記録のデータは、外務省外交史料館が所蔵している「海外旅券下付表」などから、沖縄県関係者を抜粋し編纂した図書『沖縄県史料 近代5(移民名簿I)』 などに基づき作成しています。詳細は、データベースの「参考文献」をご確認ください。

渡航記録の中には、下記の理由などにより、検索できない場合があります。

原資料の状態等による判読不能・誤記、名前(漢字)の読み方の変更、ローマ字変換時の誤記、県史収録漏れ、渡航記録と実際の渡航者の 相違など

検索ができない場合は、県立図書館の移民一世ルーツ調査・相談(レファレンス)サービスをご利用ください。

また、誤記などにお気づきの際は、お手数ですが下記までご連絡いただければ幸いです。

沖縄県立図書館 移民資料担当

Eメール opl.ref.imm@gmail.com