コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

子ども読書支援

ホーム> 子ども読書支援 > 子どものへや > 図書館の使いかた

図書館の使いかた

あいているじかん

  • 日よう日:朝9じから夜8じまで
  • 月よう日:朝9じから夜8じまで
  • 火よう日:お休み
  • 水よう日:朝9じから夜8じまで
  • 木よう日:朝9じから夜8じまで
  • 金よう日:朝9じから夜8じまで
  • 土よう日:朝9じから夜8じまで

お休みの日

火よう日、年末年始(12月28日から1月4日まで)、とくべつせいりきかん

(平成30年12月15日からは「みどりの日」や「こどもの日」などの祝日(しゅくじつ)も図書館はあいてます)

本のかしかり

本をかりる

card1.pngcard2.jpg

  • むりょうでりようできます。
  • おとなから子どもまで、だれでもかりることができます。
  • りようカードをつくってから本をかりよう!
    (おなまえ・生年月日・住所がかくにんできるものをもってきてください)
  • ひとり10さつ。かしだしきかんは15日。
  • カウンターかセルフ貸出機を使って本をかりてください。

本をかえす

ほんをかえす

  • 3Fかいカウンターのよこにある自動返却機(じどうへんきゃくき)に、本を1さつずついれて返してください。
  • 図書館がしまっているときは、入口よこか1かいにあるブックポストに本をいれてください。

本をさがす(本の予約)

3かいには、絵本・かみしばい・じどうしょなどがあります。「かんないちず」をみながら、本だなをさがしてみてください。
本のタイトルや書いた人がわかっているときは、県立図書館ホームページやけいたいサイト、図書館内にある本のけんさくき(OPAC)で本をさがすことができます。

図書館のカウンターでもうしこんでください。また、電話で予約することもできます。
注:おとな用のけんさくきをつかうと、インターネットで本の予約もできます。(りようカードとパスワードがひつよう)

調べものをしたいときは

調べものをしたいときは

さがしている本がみつからないときや、どの本から調べていいかわからないときなどは、図書館のしょくいんに聞いてください。電話で聞くこともできますし、図書館内のインターネット用パソコンを使って調べることもできます。(パソコンは1回30分・1日2回まで)

コピー

  • 白黒:1まい10円
  • カラー:1まい30円

リクエスト

リクエスト

どうしても読みたい!という本が図書館にないときは、その本をリクエストすることができます。カウンターで図書館のしょくいんに聞いてください。

読み聞かせ用の大型絵本貸出(おとな用)

幼稚園や学校などで読み聞かせをする方に、大型絵本・大型紙芝居・エプロンシアターを貸出しています。
くわしくは「子どもの読書活動推進研究室」ページをおよみください。

子ども室をりようするときのちゅうい

ちゅうい

  • 食べ物をもちこんではいけません。
  • 中身がこぼれないフタつきの飲み物はもちこんで飲むことができます。(ペットボトルやすいとうなど)
  • 走ったり大声をだしたりしないで使いましょう。
    (注)学習机の使用:こども室は主に0歳から中学生を対象としていますので、高校生以上の方は一般閲覧室の机をご利用ください。